動画で滝巡り

赤目四十八滝

赤目四十八滝

三重県名張市、かつての伊賀と大和の国境を流れる滝川の上流にある数々の滝の総称として、赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)と呼びます。

この滝は飛鳥時代に有名な呪術者、役小角が修行した地として山岳信仰の聖地とされています。

赤目の名の由来は役小角がこの滝で修行中、赤目の牛に乗った不動明王に会ったという伝説からつけられたと言われています。

四十八滝といっても滝の数は48個ではなく、もっとたくさんあります。

この辺一帯の赤目四十八滝と呼ばれる全ての滝を1つとして日本の滝百選に選ばれています。

室生赤目青山国定公園の中央に位置する赤目四十八滝の渓谷は4kmにもわたって続く遊歩道となっていて、香落渓へと続いています。

遊歩百選にも選ばれるこの山道は紅葉を楽しむたくさんの人で賑わう秋を始め、四季を通して人々に愛されています。

また、この渓谷は絶滅危惧種の特別天然記念物であるオオサンショウウオの生息地として知られ、本来夜行性のオオサンショウウオですが運が良いと昼間でも見られることがあるとか。

赤目四十八滝の入口にはサンショウウオセンターがあり、中に入るとオオサンショウウオを始めとしたカエルなどの様々な種類の両生類がいて、ウーパールーパーまで見られます。。

赤目四十八滝の代表的な滝である、不動滝。地元の方がこの不動滝に参拝にくることを「滝参り」と言います。

他に千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝、の計五つで赤目五瀑と言われています。

この他にも行者滝、銚子滝、霊蛇滝、乙女滝、大日滝、八畳岩、竜ヶ壺、縋藤滝、陰陽滝…ん〜キリがありませんが、とにかくたくさんあります^^;

4kmも続く遊歩道なだけあって休憩所やトイレもいくつか設置されています。

しかし遊歩道を通って香落渓に出た後は落合バス停がありますが、バスは1日2本ほどしか出ておらず、ほとんどの人は途中で引き返すか出口まで行って入口まで再び歩くことになります。

そのためか香落渓側の道やトイレなどの設備は整備が整っているとは言い難く、日が暮れてくると歩くのは危険なので注意が必要です。

また、秋の紅葉シーズンは休日だとかなりの混雑になる事が多く、細い遊歩道なので行列で歩くことになり、落ち着いて滝見物とはいかないかもしれません。

赤目四十八滝の動画

動画は赤目五瀑のうちの千手滝、布曳滝、琵琶滝ですね。

赤目四十八滝の渓谷は森林浴の森百選にも選ばれていて、紅葉に限らずマイナスイオンたっぷりの自然を体感出来ます。

また、直木賞受賞の小説「赤目四十八瀧心中未遂」(車谷長吉原作)の舞台にもなり、映画化された際のロケ地にもなっています。

赤目四十八滝の所在地

拡大地図を表示
名称
赤目四十八滝
住所
三重県名張市赤目町長坂
交通アクセス
近鉄赤目口駅からバス10分赤目滝下車
車でのアクセス
大阪方面から名阪国道針ICより約20km / 名古屋方面から名阪国道上野ICより約25km

赤目四十八滝入場料は大人300円、小人150円。サンショウウオセンター入館料も含まれます。駐車場は無料。

休業日は12月29日〜1月3日まで。

登山靴というほどの準備はいりませんが、距離があるので歩きやすい軽装をお薦めします。

Page Top