動画で滝巡り

払沢の滝

払沢の滝

東京都にある滝で唯一日本の滝百選に数えられているのが払沢の滝(ほっさわのたき)です。

拂沢の滝と書くこともあります。また、滝の形が仏具である払子に似ていることから、かつては払子の滝と呼ばれていました。

西多摩郡檜原村に位置し、深い緑の中から流れ落ちる姿にはどこか神秘的な雰囲気が漂い、古くからこの滝壺にはヌシ(大蛇)が住むという伝説も残っています。

多摩川の源流の1つ、秋川の支流では滝が数多く存在しますが、その中のセド沢にかかるこの払沢の滝は特に秀逸。

落差60m、全長50mを4段に渡って流れ落ちている名瀑です。

しかし、その全容は生い茂る緑で遮られ見えません。実際に見られるのは最下段である落差26mの4段目から滝壺までの部分です。

毎年8月中旬に行われる払沢の滝まつりでは滝がライトアップされて神秘的に映し出される姿が好評です。

冬季になると払沢の滝が最大に氷結する日を当てる払沢の滝氷瀑クイズが檜原村観光協会によって行われています。

近年では滝が全面氷結することは少なくなりましたが、2006年1月には10年ぶりに全面氷結したとか。

滝入口まではバスが出ており、そこから沢沿いに整備された山道を15分ほど歩くことで比較的簡単に行く事が出来ます。

東京都にあってもさほど俗化していなく自然を感じられます。

滝に到るまでの払沢の景色も美しく、休憩所も設けられていて訪れる人に優しい場所ですよ。

払沢の滝の動画

画質があまり良くありませんが、払沢の滝のどこか神秘的な雰囲気が伝わると思います。

全面氷結した姿もとても美しいそうですよ。

檜原村役場のホームページが配信している払沢の滝ライブカメラというのを見つけました。

午前6時から午後6時まで払沢の滝の映像をライブで配信しています。

照明は無いので昼間の明るい時間しか見えませんが、1度覗いてみては。

払沢の滝 ライブカメラ

払沢の滝の所在地

拡大地図を表示
名称
払沢の滝
住所
東京都西多摩郡檜原村本宿5545-2
交通アクセス
JR五日市線武蔵五日市駅から西東京バス払沢の滝方面行きで25分、払沢の滝入口下車、徒歩15分

駐車場は無料です。

滝へは山道を10分〜15分ほど歩けば行けます。

キツくはないと思いますがそれなりに傾斜のある山道なのでサンダルなどは避けましょう。

Page Top