動画で滝巡り

白糸の滝・音止めの滝

白糸の滝・音止めの滝

昭和初期に国の名勝・天然記念物に指定され、日本の滝百選の中でも特に有名な静岡県富士の白糸の滝。

長い年月をかけて富士山の雪解け水が溶岩断層から大量に湧き出して滝を形成しています。

毎秒1.5tにもなる豊富な水が、幅200m、高さ20mのU字形の崖を大小数百にもわたる滝となって流れ落ちる姿はまさに自然が造りだした芸術品。

白糸の滝の名の由来は本滝の横に連なる100mにも及ぶ絹糸のような滝のカーテン。

富士山の噴火で出来た溶岩断層の隙間から一斉に流れ落ちている状態で、他ではあまり見られるものではない珍しいものです。

また、すぐ近くには音止めの滝という白糸の滝と併せて日本の滝百選に入選している滝があります。

白糸の滝の人気に押されて注目度は低いですが、白糸の滝とは対照的な25mの落差を轟音と共に流れ落ちる豪快な名瀑です。

音止めの滝の名の由来は日本三大仇討ちと呼ばれる曽我兄弟の仇討ちからきています。

父の仇である工藤祐経を討とうとした曽我兄弟が音止めの滝近くで密議をしていたが、滝の轟音で話が聞き取れず、音が鎮まるように神に念じたところピタリと滝の轟音が止んだ、というちょっと面白い伝説です。

その後見事仇討ちを成功して本懐を遂げた曽我兄弟は、この滝の神様のご加護があったと考えたのでしょう。

付近には曽我兄弟や源頼朝縁の地、工藤祐経の墓などがあります。

富士有数の観光地として名高い白糸の滝の周囲はかなり観光地化されて土産屋が連なっており、一年を通して観光客が多いです。

どうしても静かな滝見物とはいかないかもしれませんが、滝自体の素晴らしさは必見です。

白糸の滝・音止めの滝の動画

こちらが有名な白糸の滝。

200mものパノラマに広がる水の芸術品は映像ではなかなか伝えられないかも。

是非1度足を運んでみてください。

音止めの滝です。

単独でもかなり立派な滝です。

白糸の滝に行った際は忘れずに見て行きましょうね。

白糸の滝・音止めの滝の所在地

拡大地図を表示
名称
白糸の滝・音止めの滝
住所
静岡県富士宮市上井出
交通アクセス
JR富士宮駅からバスで約30分
車でのアクセス
東名富士ICから西富士道路、国道139号を経由し、上井出ICを下り約5分

駐車場は有料(500円)です。

滝への入場や見学は無料です。

シーズンオフの奥側の駐車場は管理人が居なくて無料で使えるとか、お土産屋の駐車場はお土産を買うと無料になるとか…色々噂がありますがちょっとハッキリしません。

駐車料金で500円はちょっと高めなので、探してみる価値はあるかも。

Page Top